史彩監査法人

「“Yes”や“No”の回答で終わらず、“何が可能か”を考える。監査法人だからこそ、クライアントのためにできることがあります」

統括代表社員 大塚様

PROFILEプロフィール

統括代表社員大塚様

「“Yes”や“No”の回答で終わらず、“何が可能か”を考える。監査法人だからこそ、クライアントのためにできることがあります」

2017年に設立された史彩監査法人は、2年後の2019年に本格稼働をし、上場会社の監査やIPO監査を中心に手掛けています。若い法人ではあるものの、ある経営者不正のあった上場会社の監査を期中交代という形で引き受け、その監査を無事終える事ができたことから、業界で注目を受ける法人となりました。統括代表社員を務める大塚様に、「法人設立の経緯」や「法人理念に込めた思い」、そして、「監査法人だからこそ実現できるキャリアの可能性」についてお話しいただきました。

監査業界を熱意と活気で満たし、日本経済に貢献したい。史彩監査法人設立の経緯

会計士が最も輝く瞬間とは――法人理念に込めた思い

人は何かに打ち込んでいるときこそ、キラキラと輝く――これは、会計士人生を歩んできたなかで、私が感じていることです。新しいことにチャレンジしたり、物事に打ち込んでいる人は、周囲から見ても非常に魅力的です。本人も、好きなことに打ち込む楽しさと喜びを感じ、活き活きと働くことができるでしょう。

では、会計士は何に打ち込んでいる時に、最も輝くのでしょうか。それは、クライアントに真正面から向き合い、クライアントが達成したいことに耳を傾け、全力で達成に向けて支援をすることにあると感じています。そして達成の喜びを一緒に分かち合うことです。

史彩監査法人を立ち上げる時、私はこの想いを「法人理念」に込めました。「クライアントと監査法人、そしてそこに従事する人すべてが活気に溢れ、輝く人生となることを実現する」。これが史彩監査法人のミッションであり、このミッションを実現するために、「私たちは会社やその人たちが何を達成したいのかに常に耳を傾け、そのことに全力で貢献し、力づけること」を決意したのです。

守りに入るのではなく、クライアントと真正面から向き合える監査法人を――

守りに入るのではなく、クライアントと真正面から向き合える監査法人を――

そもそも、私共が監査法人の設立を決意した背景には、「監査業界を今以上に活性化させたい」という想いがあります。近年、会計監査に携わる会計士が減少傾向にあります。その理由の一つには、自分が頑張っただけの評価・承認を得られていない事と考えています。会計監査は資本市場のインフラとして欠かせない存在です。会計監査を通して日本経済に貢献しているという実感をどれだけ抱くか、そのためには自分の仕事に誇りを持つしかありません。

実際、目の前のクライアントと膝を突き合わせて、「どのような思いで会計処理を行っているのか」という点に目を向け、考えながら会社及び資本市場を支えていくことが、監査に携わる会計士の使命ですが、逆に「失敗しないように」と、内向きな姿勢で監査に取り組んでいる会計士が少なからずいることに気づきます。

自分の価値を惜しみなく提供し、何かの役にたっているという実感を抱くことを通して、活き活きと目を輝かせながら仕事に取り組む会計士の数が増えれば、監査業界は今以上に活気づくと考えています。そして、監査業界全体で企業を支え、日本経済を盛り上げていく。これが、私が史彩監査法人を立ち上げようと決意した理由です。

理念に共感して集まってくれた仲間たちとともに、一歩踏み出す

史彩監査法人は設立して数年の新しい法人ですが、当法人に集まってくれたのは、いずれも理念に共感して入ってくれた会計士ばかりです。

たとえば、当法人の設立発起人であった代表社員である伊藤は、IPOの監査だけで50件以上手掛けてきたベテランの会計士です。「これから成長するであろう会社を支援すること」に人生の喜びを感じており、「事業会社と監査人がともに成長していくための“真の器”を創ろう」と、一緒に史彩監査法人を立ち上げました。

人見や関は40代前半の若手パートナーですが、「今までの会計士人生で培った経験を史彩監査法人で発揮し、法人と社会の成長に寄与していきたい」と言ってくれました。泉はここ20年で急成長した事業会社での経験が長く、IPOの経験も豊富にある人物です。「もう一度、監査から入って、中小企業を応援したい」と笑顔を向けてくれました。

そして川田は、私が大学卒業後、大手監査法人に就職した頃から一貫して指導頂いている方です。50年以上、監査の第一線を走り続けてきた人物ですが、彼もまた、「お前たちのような若者がこれからの主役だからな。路肩走行しないように見守ってやる。」と参加を決めてくれました。

このほかにも、たくさんの仲間が集ってくれました。2019年に本格稼働したばかりの監査法人でありながらも、良き仲間に恵まれたことで、最高のスタートを切ることができたのです。

設立間もない史彩監査法人がその名を業界に轟かせた「ある出来事」

このままでは監査人不在に。上場会社の監査を期中で引き受けた理由

史彩監査法人を理解していいただくにあたって、ぜひお話ししておきたいことがあります。それは、2019年夏のこと。ある上場会社の監査を、第3四半期という期中からお受けすることになりました。

この上場会社は不適正な会計処理が発覚し、当時の会計監査人が期中退任されました。このまま監査人不在が続くと、上場廃止になってしまいます。しかし、リスクの高い会社ですので監査を引き受ける監査法人はなかなかありませんでした。このような会社の監査を、史彩監査法人が引き受けたのです。

確かにリスクはあるようにみえる。しかし、監査におけるリスクは何なのか、会社のおかれている状況と未来を冷静に判断していきました。その過程で、旧役員及び新役員一人ひとりと全て面談を行い、発生の根幹及び今後の方向性を検討し、適正意見表明のための道筋を見出しました。

このままでは監査人不在に。上場会社の監査を期中で引き受けた理由

前例のない監査報告書を提出し、「企業存続の危機」を回避する

突き詰めていけば、監査における私たち会計士の役割は、この会社の決算書は適正であると記した一枚の「監査報告書」を提出することにあります。リスクの高い企業の場合、極めて稀ですが、ここに「限定付適正意見」を記し、「一部不適切若しくは不明な事項はあるものの、それ以外は適正であること」を表明します。

私たちが知る限り、過去の事例では、「限定付適正意見」の不適切事項は1箇所のみ。2箇所以上指摘した事例はありませんでした。しかし、この上場会社の監査報告書では、限定事項を2つ付しました。

前例のない監査報告書を提出するのですから、私たち監査人にとってもリスクが高くなります。当然のことですが、そのような報告書を提出することへの不安もありました。けれど私たちは徹底的に財務情報を分析し、関係各所の方に意見をお聞きした上で、監査報告書をまとめました。その結果、この会社は引き続き上場を維持し、経営活動を行えることとなったのです。

たとえ前例のないことであっても、「何が可能か?」から全力で取り組む。まさに、法人理念をまっとうすることができました。

後に、この上場会社の経営陣から感謝状の盾をいただきました。その後、日本公認会計士協会から上場会社監査事務所登録を頂くことができ、史彩監査法人の信頼につながっていきました。

クライアントと資本市場、そしてそれに携わる人々のために、大きな課題を解決する。何ものにも代えがたい喜びに加えて、確固たる自信と誇りをも得ることができたのです。

あらゆる会計士が活躍できるステージを用意し、若き会計士の皆さんのキャリアを応援したい

まるで家族のようなあたたかな社風のなか、OJT教育により監査スキルを授ける

これまでお話したとおり、史彩監査法人はクライアントと全力で向き合います。クライアントと真剣に向き合えることも、その結果、クライアントの目標達成に貢献できることも、そしてクライアントから感謝の言葉を頂戴できることも、すべては史彩監査法人の強みだと思っています。

社内に目を向ければ、家族のようなあたたかな雰囲気があり、どの会計士も楽しくイキイキと仕事に取り組んでいます。若手の会計士やスタッフに過度な要求はしませんが、当法人での経験が次のキャリアに活かされることを大切にしています。会計監査業務は公認会計士が行える業務の一つにすぎませんから、他社で新たな業務にチャレンジしたいと思うことも当然と思います。その時にそこで通用するだけのスキルが身につけられる法人を目指しています。

会計士の教育に力を入れているのは、このような理由から。当法人に勤務する会計士やスタッフは、いずれも目標を設定し、目標達成を目指しています。

また、史彩監査法人では、パートナー自ら監査調書を作成します。そして、若手会計士はパートナーから直接、指導を受けることができます。経営陣や役職者など、クライアントとのやりとりも、目の前で見ることができます。このように、上司のすぐそばで、実践を繰り返しながら監査のスキルを磨いていくこととなります。

OJTを主軸にした教育には、「監査スキルの習得が早い」という点に加えて、「提案力が磨かれる」という効果もあります。クライアントと直に向き合い、今、起こっている課題の解決法を探っていく。こうした経験により、「どうすればよいのか」「もっと良い解決法はないか」と自然と考えるようになるからです。

まるで家族のようなあたたかな社風のなか、OJT教育により監査スキルを授ける

監査法人だからこそ、クライアントのためにできることがある

会計士試験に合格した方々は、その多くが「監査法人」でキャリアをスタートさせると思います。私もその例にもれず、大手監査法人に就職しました。しかし、数年も経てば監査のスキルが一通り身につき、別のキャリアを考える方も多いのではないでしょうか。「次はクライアントに貢献できる仕事に就きたい」と、コンサルティング・ファームを選ぶ方も少なからずいらっしゃるかもしれません。

しかし、クライアントへの貢献は、監査法人でも実現することができます。

たとえば「こういう会計処理がしたいのだが」と聞かれた時、なぜそのような会計処理を望むか深堀りし、その上で、どのような選択肢があるのかを提示する。つまり、「Yes」や「No」ではなく、「提案」を監査人である私たちもできるのです。

だから私は、会計士の皆さんにこう伝えたいです。監査法人だからこそ、クライアントのためにできることがある。監査は企業や人に貢献できる仕事であり、毎日、充足感をもって携わることのできる仕事なのだと。

法人理念をまっとうし、クライアントの成長に貢献すること。これが史彩監査法人の展望です。そのためには、これから当法人に入所する皆さんの力が不可欠です。史彩監査法人の理念に共感してくれた方を心から歓迎します。多くの方々が当法人に興味を持ってくださったのなら、これほどうれしいことはありません。ぜひ史彩監査法人で、クライアントに貢献する喜びを実感していただけたらと願っています。

※役職、記事内容などは取材時のものになります。

無料転職支援サービスに申し込む
求人を探す