EY トランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社

シニアコンサルタント
大木様

2004年に大学を卒業し、同年12月に大手監査法人に入所、2年後に新日本有限責任監査法人に転職し、金融部への配属となりました。大手不動産会社の監査チームに所属し、その翌年から大手ベンチャーキャピタルの担当を兼務。経験を重ねることで担当クライアントが増え、大手ベンチャーキャピタル、大手不動産会社の子会社、証券会社等、多くの主査を担当させていただくようになりました。

2012年にはマネージャーに昇格。プライベート・エクイティ・ファンド(以下・PEファンド)等を担当する一方、日本公認会計士協会の投資事業有限責任組合専門部会の委員を務め、会計や監査における実務指針の改正にも取り組みました。このように、特定の業界を担当してきた私は、やがて「広く様々な業界のクライアントを担当したい」と思うようになり、内部転籍という形で当社に入社しました。

財務のプロフェッショナルとして、フロントに立つ

当社で財務デューデリジェンス(以下・財務DD)を担うトランザクション・ディリジェンス部門では、一般事業会社や商社をはじめとし、様々な業界のクライアントにサービスを提供しています。

実は転職活動時、PEファンドからお声がけをいただいたのですが、私自身のバックグラウンドを踏まえて、バックオフィス的な役割を期待されている気がしました。しかしそれは私の望むキャリアではありませんでした。財務のプロフェッショナルとしてフロントに立つ姿こそが、私が描く未来像だったのです。

また、EYグループの一員である新日本有限責任監査法人で経験を積んできた私が内部での異動を希望した理由として、 グループ内のネットワークと協力体制が確立されていること、加えて、EYの企業文化にも強く惹かれており、引き続きEYでのキャリアを追求したいという思いがありました。

EYには個人を尊重する企業風土があり、社員一人ひとりに裁量が与えられます。また、当社は、他のBig 4 FAS系の組織のようにセクターごとに担当を分けていないため、業界によらず広く経験を積むことができます。それらの点を検討した結果、「EYこそ自分の求める環境がある」との結論に達したのです。

2016年の秋に転籍しましたので、まだ当社でのキャリアはそれほど長くありませんが、入社当初からシニアコンサルタントとしていずれのプロジェクトにおいても中核メンバーとして、クライアントや証券会社、税理士法人など、社内外の様々な方と関わってきました。担当のクライアントと向き合ってきた監査法人時代に比べて、より広い視野を抱くようになりましたし、異なる立場の方々の意見をすりあわせ、調整していく機会も増えました。

監査法人時代に培ったスキルを活かして、財務DDに挑む

財務DDの流れは、クライアントからご依頼いただいた調査先企業のデータを集め、財務面から調査・分析をかけていくというもの。資料だけで判断するのではなく、電話や対面などでインタビューを行って根拠となる情報を集め、最終報告書にまとめていきます。調査期間中もクライアントに説明会や中間報告会を行うため、監査法人時代に比べてより一層、「伝える力」の必要性を感じるようになりました。

たとえば報告書の作成一つとっても、わかりやすく簡潔な内容が求められます。また、インタビュー時には、いかにして必要な情報を引き出せるかが腕の見せ所となります。監査法人時代、マネージャーとして担当企業の役員にプレゼンをする機会が頻繁にありましたが、当時の経験を現在の仕事に活かしています。

EYは世界で監査、税務、トランザクション および アドバイザリーといったプロフェッショナル・サービスを展開するファームであり、クライアントの期待も自ずと大きくなります。日常的にお問い合わせをいただくことも多く、様々なご意見を伺うことで私自身の知見も広がりますし、成長実感も得られます。また、監査法人時代に培った知識も含めて、私自身の専門性を活かせる場面も多々あります。

シニアコンサルタントの場合、社内においてプロジェクトのまとめ役を期待されることも少なくありません。メンバーのバックグラウンドは多種多様で、海外での生活が長かった者もいます。異なる価値観をもつスタッフをまとめるのは簡単ではありませんが、異なる価値観をもったスタッフの意見を聞くのは非常に刺激的です。

社会の動きを見つめ、チャンスを逃さないこと

監査法人から内部転籍をし、財務DDの実務を担う――前職はマネージャーを務めていたこともあり、非常に新鮮な気持ちで現在の仕事に向き合っています。今後の目標としては、次のキャリアステップを意識して、プロジェクトのマネージメント能力を高めていきたいです。そのためにも、より多くの案件を担当していきたいと考えています。

転職を検討している会計士の方々には、「転職を考えた時が、最高のタイミングだ」と伝えたいです。監査法人に勤務している方の多くが、会計士登録をする年度に転職を考えると思います。私も同様でしたが、会計士登録の年にリーマンショックがあったため、タイミングが適切ではないと判断し、監査法人で長きにわたってキャリアを積んできました。社会の動きをつぶさに見つめながらも、チャンスを逃さない視点が、転職を行う上で大切であると思います。

最後に、当社は少数精鋭で、「社員一人ひとりが担う仕事の裁量と幅が広い」という特長があります。これを「負担が大きい」と感じるか、それとも「成長できる環境がある」と感じるかは、その方次第でしょう。私自身は後者だと実感しています。これから転職する方には、通常よりも早いスピードで成長できる当社ならではの環境を大いに活かしてほしいですね。「シニアコンサルタントだから、ここまでの業務しかしない」と業務を制限するのではなく、「やれることがあれば、自分の成長機会としてぜひチャレンジしたい」といった高い意欲が、当社では高く評価されます。

この企業の求人を紹介してもらう
公認会計士の転職・求人 トップ > コンサルティングファームへの転職 > EY トランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社 > シニアコンサルタント 大木様
この企業の求人を紹介してもらう
ご提供コンテンツ
Copyright © Mynavi Corporation

EY トランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社|ご紹介企業特集ページ|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

アクセスマップ