EY トランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社

トランザクション・ディリジェンス部門
統括責任者 鶴森様

私が大学を卒業し、社会に出たのは今から24年ほど前のこと。当時は卒業と同時に監査法人に就職するケースが多く、私も同様に太田昭和監査法人(当時、アーンスト・アンド・ヤングインターナショナルのメンバーファーム。新日本有限責任監査法人の前身)に勤務するようになりました。

商社や小売業、建設・不動産、金融など、多様な業界のクライアントを担当。その後、金融部門、国際部門を歴任し、ニューヨークオフィスに1年半駐在。帰国後、マーケッツ部門で研鑽を積み、2013年にEYトランザクション・アドバイザリー・サービスに転籍しました。

大規模なM&Aを中心に、多様なケースを担当

EYトランザクション・アドバイザリー・サービス(以下・EYTAS)は、M&Aトランザクション支援を中心とした企業の成長戦略策定のためのコンサルティングサービスを提供しており、市場調査やM&A戦略の立案、M&Aトランザクションの実施、経営統合によるシナジー効果の実現、組織改革、リストラクチャリングまで、トランザクション・ライフサイクル全般の戦略・実行に携わっています。

トランザクション・ディリジェンスチーム(以下・TDチーム)は日本・海外の会計士資格を保有する会計士のプロフェッショナル集団。東京・大阪のオフィス合わせて約40名のスタッフが所属しています。TDチームでは、ターゲット企業の財務デューデリジェンスを中心とし、財務とビジネス双方の観点から広くクライアントサービスを提供しています。

M&Aは、買収する企業にとっても、また買収される企業にとっても、企業の存続をかけた重要な取り組みです。このような重要な意思決定に携われるのは、それだけクライアントの信頼が厚いということ。それに応えることが私たちの使命であり、仕事の醍醐味でもあります。

特にEYTASの場合、大規模な買収案件を担当するケースが多く、これはEYグループの強みである大手クライアントとの強固なリレーションを活かしているからこそと言えるでしょう。新日本有限責任監査法人は日本の最大手企業との取引実績が多く、それら大手クライアントからM&Aに関しての照会が多数ありますし、国内外の子会社等も含めると、大小様々な案件に携わることができるので、キャリアを高めたい方にとって最高の環境があると言えるでしょう。

EYグループのグローバルネットワークを活かして

もう一つ、EYTASの強みにグローバルネットワークがあります。「監査法人に勤務していた頃、ニューヨークオフィスに1年半駐在した」というお話を冒頭でさせていただきました。現在、EYは全世界で23万人ほどのスタッフが勤務する巨大な組織ですが、私が駐在員であった当時から、多様な国籍・文化をもったスタッフがニューヨークオフィスに勤務しており、EYのグローバルネットワークを活かすことで、可能性は無限に広がっていくと考えました。

何よりも、多様な価値観をもつスタッフとの交流は、当時の私に大きな成長をもたらしてくれました。視野が一気に広がり、物事を俯瞰的に見る姿勢が身についたのです。同時に、クライアントに向き合う姿勢も変わりました。特定の価値観に縛られることなく、様々な意見や価値観を受け入れながら、クライアントのために何ができるかを徹底的に考えていく。この姿勢こそが、グローバルに展開するEYグループの強みなのです。

今、EYはこれまで以上にグローバルネットワークを重視しており、特に人材の面において様々な取り組みを進めています。たとえば、アジアパシフィックを中心とした海外オフィスにおいて研修を実施し、組織が一体となって人材育成に取り組んでいます。また、モビリティプログラムといって、社員の更なる成長機会の提供と海外オフィスとの知識経験の共有を目的とし、相互に人材派遣を行うことを推進しています。

海外のスタッフとともに仕事をする機会を得ることで、社員も多くの学びを得ていくことでしょう。若き頃、私自身がニューヨークオフィスで研鑽を積んだように、彼らもまた多様な価値観に触れながら視野を広げると同時に、専門性を追求していくことができるのです。

望むキャリアをかなえられる環境が、ここにある

EYTASはEYチームの一員であり、グローバルファームとして世界的な信頼を得ています。特に日本企業が海外企業を買収する際のコンサルティングに強みがあります。今後の展望としては、クロスボーダー取引ができる強い組織を維持しつつ、国内でのM&A案件も含めて、日本企業の多様なニーズに応えていきたいと考えています。

また、前述の通り、EYTASには新日本有限責任監査法人との強力なパイプがあります。「大手企業のM&Aに財務面から携わっていくことができる」という点において他社を圧倒するだけの強みをもっています。日本を代表する大手企業が抱える課題一つひとつに応えていくためにも、当社はより多くの優秀な人材を必要としています。

我々が必要とする人材は、国際的な感覚を持ちながらも、日本特有のきめ細かなサービスに対応できる方です。もちろん、双方に長けている方もいれば、これまでのキャリアでどちらか一方を伸ばしてきた方もいらっしゃることでしょう。入社後の経験により、スキルを高めていくことは十分にできます。特にグローバルネットワークを活かした人材育成の取り組みに関しては、さらに注力していく予定です。これからEYTASに入社する皆様には、当社の恵まれた環境を大いに活かして、望むキャリアを叶えて欲しいですね。

この企業の求人を紹介してもらう
公認会計士の転職・求人 トップ > コンサルティングファームへの転職 > EY トランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社 > トランザクション・ディリジェンス部門 統括責任者 鶴森様
この企業の求人を紹介してもらう
ご提供コンテンツ
Copyright © Mynavi Corporation

EY トランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社|ご紹介企業特集ページ|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

アクセスマップ