公認会計士の公開求人情報

一部の求人のみご覧いただけます。お申し込み後、あなたにぴったりの求人を
ご紹介いたします。

会計という武器で自分らしいキャリアと社会人像を築く―公認会計士 相亰俊信さんインタビュー[第1回]

会計という武器で自分らしいキャリアと社会人像を築く―公認会計士 相亰俊信さんインタビュー[第1回]

大手監査法人で13年のキャリアを積み、退職後は起業家として活躍する公認会計士の相亰俊信さんが、初めて社会人としてのビジョンを抱いたのは、大学生のころ。まずはUSCPAの試験にチャレンジし、見事在学中に合格されています。相亰さんはなぜ、会計の道を志すようになったのでしょうか。また、在学中、どのような戦略をもって、会計の勉強に取り組んできたのでしょうか。相亰俊信さんのインタビューを計3回にわたってご紹介します。

はじめての転職で悩んでいる方へ 悩む前に転職支援のプロにご相談ください はじめての転職で悩んでいる方へ 悩む前に転職支援のプロにご相談ください
勉強と両立できる転職先もご紹介いたします
無料マイナビ会計士に申し込む

プロフィール

相亰 俊信heyhey Japan株式会社 代表取締役

1981年兵庫県生まれ。慶應義塾大学商学部在学中、USCPA(米国会計士)試験に合格。大学卒業後、松下電器産業株式会社に入社。経理担当として連結決算業務を担ったほか、取締役会資料・経営会議資料・IR資料等作成に従事。2006年、あずさ監査法人(現:有限責任あずさ監査法人)に入所。翌年の2007年、公認会計士試験に合格。2010年よりKPMGシリコンバレー事務所に駐在し、現地日系企業の監査やアドバイザリー業務、SEC登録企業の監査等に携わる。2012年帰国。2015年より、グローバル企業のエンゲージメントマネジャーとして、監査計画策定、そしてクロスボーダーM&A、グローバル税金、為替管理といった複雑な会計・監査論点を扱う。リクルート活動、人事などの法人運営にも関わり、2019年退職(最終職位はシニアマネジャー)。2020年、heyhey Japan株式会社の立ち上げに参画し、代表取締役に就任。

会計に興味を抱き、1年半の勉強でUSCPAの資格を取得

――相亰さんが「会計」に興味を抱いたのはいつごろでしょうか?

大学時代です。もともとは、「何かしら武器となるものを身につけたい」と思ったことが発端です。商学部の授業で「簿記」を履修し、単位取得に必要な「簿記3級」の資格を取ったところ、意外と面白かったんです。それで、公認会計士の資格取得を本気で考えるようになりました。

――かなり早い段階で資格取得を意識されたのですね。大学在学中に、USCPAの試験にチャレンジした理由は?

当時、私はバレーボールをやっていて、スポーツと勉強を両立できる道を探っていました。公認会計士は最難関の資格で多くの勉強時間を必要とするため、両立が難しい。4科目合格により資格を取得できるUSCPAであれば、スポーツとの両立が可能だろうと判断しました。また、英語が好きで、いつか世界で働いてみたいとイメージを持っていたことも、USCPAの資格取得を目指した理由の一つになっています。

――いつごろ、USCPAの勉強を開始したのですか?

大学1年の秋ごろにスタートし、1年半ほど勉強に打ち込みました。当時、社会人がUSCPAの試験に合格した実績はあるものの、大学生がUSCPAの試験に合格した前例がほとんどありませんでした。そのため、手探りの状態で勉強をスタートしたのをよく覚えています。予備校の通信講座をこなして分厚い英文の問題集を、予備校でひたすら解き続けました。

――バレーボールとの両立はいかがでしたか?

勉強にかなりの時間を要するだけでなく、バレーボールサークルでは部長も務めていたため責任も重く、苦労することも多々ありましたが、結果的には関東同好会リーグで優勝できたりと、なんとか両立させることができたかと思います。ただ、今考えると、もっとバレーボールの時間を充実させたかった、そして勉強とバレーボール以外の活動ももっと経験したかったという反省もあります。後者では具体的に、留学や世界旅行、社会活動にも参加したりして、若くて時間を比較的自由に使えるうちに、幅広い経験をするという選択肢があってもよかったかと思います。

USCPAの資格を取得後、公認会計士の勉強をスタート

USCPAの資格を取得後、公認会計士の勉強をスタート

――USCPAの資格を取得した時期は?

大学2年の終わり、2002年3月です。1度目の挑戦で2科目合格し、その翌年に2科目合格しました。

――USCPAに合格後、すぐに日本の公認会計士試験の勉強を始められたのですか?

実はUSCPAの資格を取得した直後、BIG4で若手パートナーとして活躍する大先輩にお話を伺う機会をいただきました。「君は日本で育って、母国語も日本語だ。まだ若いし時間もあるのだから、公認会計士の資格を取ることをお勧めする」という助言をいただき、この言葉がきっかけで、公認会計士の勉強をすぐに始めようと決意しました。

――予備校には通われましたか?

はい。2002年の秋から、1年半の勉強で予備校の短答式試験と論文式試験の合格を目標とする「初心者コース」を履修するようになりました。

――学生時代、どのような勉強スタイルでしたか?

特に自分で決めたスタイルはなくて、予備校のスケジュールに従ってひたすら勉強をしていました。朝7時に予備校に行って、答練を受けて、その後は自習室にこもって夜9時まで勉強を続ける。そんな生活を社会人になる前日、つまり3月31日まで続けました。

――当時、大学卒業後、社会人としてどのようなキャリアビジョンを実現したいと考えていましたか?

大学3年生になり、大学の友人はみんな、就職活動を意識するようになったので、私も自然と社会人になってからのことを考えるようになりました。できれば会計業界に就職したかったのですが、かなり難しい目標であることに気づきました。

就職氷河期、事業会社の経理部門で研鑽を積もうと決意

就職氷河期、事業会社の経理部門で研鑽を積もうと決意

――USCPAの有資格者である相亰さんが「会計業界への就職が難しい」と感じた理由は?

当時、会計業界は氷河期を迎えていて、就活生にとってかなり厳しい状況でした。公認会計士の有資格者でも採用に苦労していたような状況でしたから、私のように社会人としての経験がないUSCPAを採用してくれる監査法人は、ほとんどなかったんです。そこで、まずは事業会社に就職し、経理部門で研鑽を積むことにしました。つまり、社会人として働きながら公認会計士の勉強をする道を選んだのです。

――メーカーを志望した理由はありますか?

私が就職した2002年頃、日本の製造業は非常に強く、世界に名をとどろかせていました。「グローバルな仕事に携わりたい」という希望もあったので、メーカーならその希望が叶うと思いました。

――就職活動において、USCPAの有資格者であることが評価されましたか?

USCPAの有資格者であることは履歴書に書きましたし、面接でも必ず聞かれました。「素晴らしいですね」と言ってくださる面接官もいましたので、社会人になる前――つまり在学中に合格したこと、そしてバレーボールと両立できたということもあわせて高く評価してくださったという実感はあります。

――配属先の希望は聞いてもらえましたか?

私は総合職採用でしたが、配属先の希望が出せるので経理部門を希望しました。希望通り、経理部に配属になりました。

――就職後、働きながら社会人として公認会計士試験の勉強をすることに不安はありませんでしたか?

僕のポリシーに「楽しいことは続けよう」というものがあります。実は就職活動中、企業のインターンシップに参加したのですが、とても楽しかったんですね。しかも、インターン先の先輩方も、海外駐在経験者がほとんどで、こんなに身近に「海外駐在」というものがあるという実感を持てたこともあり、社会人になることはきっと楽しいだろうし、勉強も楽しく取り組んできたのだから、両方続けよう。そんな気持ちで両立を決めたので、不安はほとんどありませんでした。

相亰俊信さんインタビュー

【第2回】はこちら
【第3回】はこちら

転職はキャリアアドバイザーにご相談ください
無料マイナビ会計士に申し込む
マイナビ会計士編集部

マイナビ会計士編集部

マイナビ会計士は、公認会計士・試験合格者・USCPAの方の転職サポートを行なう転職エージェント。業界専門のキャリアアドバイザーが最適なキャリアプランをご提案いたします。Webサイト・SNSでは、公認会計士・公認会計士試験合格者・USCPAの転職に役立つ記情報を発信しています。

はじめての転職で悩んでいる方へ 悩む前に転職支援のプロにご相談ください はじめての転職で悩んでいる方へ 悩む前に転職支援のプロにご相談ください

年収UPを叶えた転職成功事例

年収条件の求人情報

マイナビ会計士を利用して
転職された方の

  • 転職された方の声
    進路について適切なアドバイスをしてもらえました!
    自分の進路について明確な答えが出せていなかったものの、どの業種に進んだら良いかなど適切にアドバイスをしてもらえました。どういったキャリアを積んでいけばより市場価値を高められるのか、候補の会社がどう違うのかを具体的に説明していただけました。(30代/会計士)
  • 転職された方の声
    求人の提案力と面接のフィードバックが良かった!
    タイムリーな求人の紹介とフィードバックの提供が良かったです。面接前の情報提供では、自分のアピールしたい強みが、面接先企業のどこに符号しており、今後の展開をどう捉えているかの思考の整理をする際に役立ち、安心して面接を迎えることが出来ました。(30代/会計士)

マイナビ会計士とは?

マイナビ会計士は会計士として働く「あなたの可能性」を広げるサポートをいたします。

マイナビ会計士は、可能性を広げるサポートをいたします

特集コンテンツ

カテゴリから記事を探す

会計士業界専門転職エージェント

担当アドバイザーが
相談~内定後までご支援いたします。

マイナビ会計士公式アカウント

人気コンテンツ

特集コンテンツ

カテゴリから記事を探す

会計士業界専門転職エージェント

担当アドバイザーが
相談~内定後までご支援いたします。

あなたが理想の会計士になるまで、
私たちは全力でサポートいたします。

マイナビ会計士では、ご登録後あなたの希望する転職の条件をお伺いし、
条件にマッチした企業をご紹介いたします。また、一般に公開されていない企業の生の情報を知ることができます。
他にも、面接対策や、履歴書・職務経歴書の添削、面接の日程調整や内定後の入社サポートなど転職成功へ導くために徹底的にサポートいたします。

簡単3分で完了

無料転職サポートに申し込む