1分で完了!無料転職サポートに申し込む はじめての
方はこちら

公認会計士の
転職成功事例:3つの具体例

公認会計士の方が、希望どおりに転職を成功させるためには、押さえておくべきポイントがあります。これまで、私たちがお手伝いしてきた会計士の転職案件の中から、成功例をいくつかご紹介しましょう。

28歳 男性 電機メーカー経理から監査法人へ

監査法人への転職で、念願の「資格を活かす仕事」に就けた!

  • 前職

    業種
    大手電機メーカー
    業務内容
    経理
  • 現職

    業種
    中堅監査法人
    業務内容
    監査業務

転職へのご志向、転職経緯

学生時代から会計士を目指しており、大学在学中に会計士試験に合格することができました。ところが、いざ就職となると、世界金融恐慌やリーマンショックで、私たちの時代は就職氷河期の真っ最中。第一志望だった監査法人は残念ながら通りませんでした。それでも、大手電機メーカーの経理に職を得られたのは幸運だったと思います。

数字を扱うのは好きで、得意でもありましたから、仕事はそれなりにおもしろくはありました。ですが、一般企業の経理では、有資格者としての会計士が活躍する場面はそんなにありません。内部監査への異動という選択もあるのですが、監査業務を長く続けたいという思いもあり、それなら若いうちに監査法人でステップアップしていくべきだと考えたのです。

マイナビ会計士のキャリアアドバイザーから提示された転職先候補には、いわゆる大手監査法人の名前もあり、ずいぶん迷ったのですが、もろもろの条件を考え、面接を受け、中堅監査法人への転職が決まりました。年収は残業分を含めると、約100万円のアップとなりました。

一連の転職活動で大事だと感じたのは、まず自分が何をしたいのかをハッキリさせておくこと。そして、キャリアアドバイザーにも言われましたが、面接対策をしっかりしておくことです。私の場合、この2点がポイントになったと思います。

監査法人では年齢に関係なく、スタッフからのスタートになりますから、監査業務を手掛けたいならば、若いうちの決断が必須でしょう。

<成功のポイント!>将来にわたるビジョンを持つことが成功のカギ

この方は「監査法人でいろいろな監査業務を手掛けて経験を積みたい」という希望を優先し、中堅監査法人への転職を実現しました。

自分自身が何を目指しているのか、将来的にどのような形でどんな仕事をしていきたいのか。できるだけ長い目で見たビジョンを持つことは一番大切です。

その上で今何が必要なのか、転職エージェントと相談しながら優先順位をつけていくことが重要でしょう。

監査法人では、英語を含めてコミュニケーション能力が要求されますし、中堅法人はそれぞれ「会社の色」が強く出やすいものです。これらの点については、マイナビ会計士がサポートすることが可能です。

その法人に合った面接対策を十分に行い、準備を整えておけば、成功の確率はグッと高まるでしょう。

32歳 男性 監査法人から医療法人経理へ

長い人生を見通して、最も有望な道を選ぶ

  • 前職

    業種
    監査法人
    職位
    シニアスタッフ
  • 現職

    業種
    医療法人
    業務内容
    経理

転職へのご志向、転職経緯

大手監査法人に就職し、転職を考えたときの職位はシニアスタッフでした。入社当時は、第一志望だったこともあり、気合も十分で「これからバリバリ働くぞ!」を意気込んでいたものです。

ジュニアで経験を積み、会計士資格を取ってシニアに昇格しましたが、ここ2年ほどは、自分の将来について考えることが多くなっていました。

大手ですから、大きな仕事が数多くあり、やりがいはあるのですが、会計士の人数も半端ではありません。皆、有能なのは当たり前で、さらに語学が堪能だとかアドバイザリーに強いとか、何かしら尖った特性を持っています。そうした強みを活かした部署で、ますます自分に磨きをかける…。そんな人たちばかりなのです。

果たして自分は、この環境の中でどこまで上に行けるのか。そんなことを考えていると、三十代前半のうちに、一般企業に転職したほうが将来的に有利なのではないかと感じるようになりました。

マイナビ会計士のキャリアアドバイザーといっしょに将来プランをシミュレーションしてみましたが、転職先によっては、一時的に年収がダウンしても、より長いスパンで考えたときに生涯年収はプラスにすることができると判断。前職では医療法人を多く扱っていたので、医療法人の経理部門にしぼって活動し、転職を決めました。

一番不安だったのが面接でしたが、キャリアアドバイザーにすごく協力してもらい、無事通過できました。見た目の印象や受け答え、話し方などの良し悪しは、自分ではなかなかわからないものです。それを客観的に観察してもらい、細かいところまで改善できたため、落ち着いて面接を受けることができました。一人で転職活動を進めていたら、とてもこうスムーズに転職できなかったでしょう。

<成功のポイント!>資格という形よりも、身に付けた知識を活かす仕事を

監査法人から一般企業への転職では、生涯年収や働き方などを長期的な視点から判断する方が多くおられます。ただ、転職先によってはやはり面接が重要ですので、事前の準備はしっかり行っておきましょう。

一般企業では会計士の資格・肩書きよりも、その知識と経験が求められることがほとんどです。

この方のように監査法人時代に多く関わっていた業界への転職は、親和性が高いため成功率も高く、転職後も即戦力として業務にあたれることでしょう。

その一方で、公認会計士としての仕事や、資格を活かした業務にこだわりたいという方には、一般企業への転職はあまりおすすめできないかもしれません。

その場合は、別の道を探ったほうがいいということになりますから、キャリアアドバイザーに十分相談してみましょう。

28歳 男性 監査法人からコンサルティングファームへ

人の役に立つ実感を求めて、転職を決意

  • 前職

    業種
    監査法人
    業務内容
    監査
  • 現職

    業種
    コンサルファーム
    業務内容
    コンサル業務

転職へのご志向、転職経緯

監査法人にいましたが、アドバイザリーに関わったとき、クライアントといっしょに成果を目指すおもしろさと醍醐味にふれ、一気にそちらに気持ちが向きました。

コンサルをやりたいのであれば、社内のアドバイザリー部門に行くという選択肢もあったのですが、社内でのステップアップと、社外に出た場合の将来性などを考えたとき、コンサルティングファームで経験と実績を積み上げていくほうが、将来的にも高収入を目指せるという結論になり、マイナビ会計士を通じて転職を決めました。

転職の際に一番大きかったハードルは、やはり面接時のケーススタディです。内容もやり方も面接官によってかなり違うので、緊張しますし、ミスもします。とはいえ、コンサルを目指すとなれば絶対にクリアできなくてはならない壁です。

私の場合はキャリアアドバイザーと模擬面接を何度も行い、これでもかとキャリアアドバイザーからダメ出しをしてもらいました。雰囲気にも慣れたと思った上で、本番に臨んだところ、かなりの難しさを感じながらも、なんとかクリアできました。

一般企業の面接もしかりですが、ケーススタディでは、面接官を納得させる回答をその場で出さねばなりませんし、出される問題もさまざまですから、知識として知っておくべきことやロジックを身に付けておかないと、通過するのはまず無理です。十分すぎるほどの準備は必要だと思います。

<成功のポイント!>情熱を傾けられる仕事は何か、みずからに問うてみよう

コンサルを目指す方々は、20代から30代半ばあたりの年齢層に多いです。この方の言われるとおり、「お客様の役に立っている」という充足感は、コンサルという仕事の醍醐味でしょう。

コンサルに限りませんが、監査法人から一般企業への転職の場合、まずその業界の情報を十分に集めておくことが重要です。

「この業界でこんな仕事がしたい!」という情熱は必要ですし、それは面接の際、相手にも伝わるものですが、それだけでは転職できません。

また、将来的ビジョンが定まっているかどうかも重要なポイントです。

この方の場合は、「まずコンサルの仕事をしたい」というところまででしたが、その先の展望や希望があれば「今、何が必要か」が見えてきますし、より適性のある転職先を見つけることもできます。

ご提供コンテンツ
Copyright © Mynavi Corporation

転職成功事例ページ|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

アクセスマップ