1分で完了!無料転職サポートに申し込む はじめての
方はこちら

監査法人から税務の経験が積める環境へ転職 会計事務所・税理士法人の事例

BEFORE AFTER
職種 BIG4監査法人 会計事務所
担当
ポジション
監査業務 税理士業務・会計コンサル業務
年収 650万 600万
  • BEFORE

    職種 年収
    BIG4監査法人 監査業務 年収650万
  • AFTER

    職種 年収
    会計事務所 税理士業務・会計コンサル業務 年収600万

転職へ至った経緯・課題

T氏はBIG4監査法人にて監査業務を行う会計士有資格者でした。会計のプロフェッショナルとして活躍したいと考え会計士試験に挑戦し、試験合格後に監査法人へ入社されました。

監査業務も会計のプロフェッショナルとしての活躍ではありましたが、一方で監査以外の経験が少なく、業務の幅が広がらないという不安を感じていらっしゃいました。

また、会計のプロとして様々な問題に対応できるようになりたいと考える中で、税務に強くご興味をお持ちになられていました。

ただしこれまで税務業務は経験していなかったため、転職をした場合、年収が大幅に下がってしまうのではないかという不安も合わせてお持ちでした。

内定までの流れ

年収が下がるリスクを回避しつつ、ご本人様ご希望の税務業務を行える求人をお探しするところから転職活動をスタートしました。

監査法人では監査業務の他に一部アドバイザリー業務もされていたため、会計コンサルタントとしては十分に強みを売り込める状態でした。

そこで、税務も含めた会計コンサルティングを行っているコンサルティングファームで横断的に業務を行うことが出来れば、強みも活かしつつ税務に携わることができるため、税理士法人への応募を中心に転職活動を進めていきました。

結果、しっかりとご経験を評価いただける形となり、順調に転職活動を進めることが出来ました。

アドバイザーから見る転職成功ポイント

転職活動にはご自身の強みをしっかりと理解し、それを適切に評価してもらえる環境へ転職するという基本的なセオリーがあります。

一方で、ご自身がやりたいことを優先しすぎてしまうケースも多くあります。

そのため、しっかりとお互いがwin-winの関係になれるように、まずは企業に対して貢献できることを軸に転職活動を進め、その中で自分がやりたいことを最大限叶えられる職場を見つけることで、無理なく希望を叶えることが出来ました。

企業と求職者様の両方がwin-winの関係になれるキャリア・職場を見つけられたことが、T氏の転職成功のポイントになったと考えています。

転職事例ページ|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

ご提供コンテンツ
▼転職サポート申し込み

∟キャリアのご相談

Copyright © Mynavi Corporation

アクセスマップ