【全般】会計士業界全般のQ&A

悩みや不安をキャリアアドバイザーに相談する

【全般】会計士業界全般のQ&A

悩みや不安をキャリアアドバイザーに相談する
監査法人に勤務する公認会計士です。現在、育児のために時短勤務をしていますが、少し勉強する時間がとれそうです。内部監査の資格があれば、転職に有利と聞きましたが、具体的には業務上でどのように生かせるのでしょうか?
質問への回答

内部監査の資格として、公認内部監査人(CIA)や内部統制評価指導士(CCSA)があげられます。
内部監査に関する国際的団体・内部監査人協会(IIA)が公表している基本的な考え方として、「専門職的実施の国際フレームワーク(International Professional Practice Framework: IPPF)®」がありますが、その中でも、内部監査人にCIAやCCSAの資格取得を推奨しているの も事実です。
つまり、これらの資格取得のために勉強をすれば、内部監査で求められる理論を網羅的に身に着けられるため、理論に基づいた的確な判断ができると考えれています。
さらに、多くの監査法人が監査業務だけにとどまらず、コンサルティング業務も手掛けている現状を考えると、確かな知識に基づいたアドバイスを行うこが、クライアントの業務改善のためにはとても大事でしょう。
アドバイスを有用なものにするためにも、体系的に知識を学ぶ手段として資格を取得してみる価値はあるはずです。
また、公認会計士監査をはじめとする外部監査、内部監査のいずれにおいても、リスクマネジメント部門から必要な情報を収集するのが大事な業務になっています。
これらの資格試験においても、リスクマネジメントは重要な学習項目として位置づけられているので、業務に役立つ知識が過不足なく身につくのは大きなメリットでしょう。

マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリング・職務経歴書の作成、面接対策もサポートしています。現在のご状況を伺った上であなたの今後のキャリアについてご支援しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

監査法人に勤務する公認会計士です。現在、育児のために時短勤務をしていますが、少し勉強する時間がとれそうです。内部監査の資格があれば、転職に有利と聞きましたが、具体的には業務上でどのように生かせるのでしょうか?
質問への回答

内部監査の資格として、公認内部監査人(CIA)や内部統制評価指導士(CCSA)があげられます。
内部監査に関する国際的団体・内部監査人協会(IIA)が公表している基本的な考え方として、「専門職的実施の国際フレームワーク(International Professional Practice Framework: IPPF)®」がありますが、その中でも、内部監査人にCIAやCCSAの資格取得を推奨しているの も事実です。
つまり、これらの資格取得のために勉強をすれば、内部監査で求められる理論を網羅的に身に着けられるため、理論に基づいた的確な判断ができると考えれています。
さらに、多くの監査法人が監査業務だけにとどまらず、コンサルティング業務も手掛けている現状を考えると、確かな知識に基づいたアドバイスを行うこが、クライアントの業務改善のためにはとても大事でしょう。
アドバイスを有用なものにするためにも、体系的に知識を学ぶ手段として資格を取得してみる価値はあるはずです。
また、公認会計士監査をはじめとする外部監査、内部監査のいずれにおいても、リスクマネジメント部門から必要な情報を収集するのが大事な業務になっています。
これらの資格試験においても、リスクマネジメントは重要な学習項目として位置づけられているので、業務に役立つ知識が過不足なく身につくのは大きなメリットでしょう。

マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリング・職務経歴書の作成、面接対策もサポートしています。現在のご状況を伺った上であなたの今後のキャリアについてご支援しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

悩みや不安をキャリアアドバイザーに相談する
悩みや不安をキャリアアドバイザーに相談する

【全般】会計士業界全般のQ&A|会計士の転職・求人・募集ならマイナビ会計士。マイナビだから提案できる豊富な求人バリエーションと確かな転職コンサルティングであなたの転職をサポート。

非公開求人

マイナビ会計士では、全求人のうち約8割が非公開求人です。サイトなどでご覧いただける求人は、ほんの一部にすぎません。

サービスの流れ

アクセスマップ

今すぐ転職サポート申し込み