マイナビ会計士

転職先への不安

家族に「家業の会計事務所を継ぐつもりがあるなら、税務会計や経理の知識も身に付けてほしい」と言われました。監査法人以外で働いた経験がないのですが、会計事務所を継ぐためにはどのような業種・職種で経験を積めばいいですか?

質問への回答

監査法人以外での社会人経験がない、という前提でお話しさせていただきます。監査法人のクライアントは、いわゆる上場企業がほとんどです。
特に、監査業務の場合はクライアントの財務諸表監査が業務の大半を占めるでしょう。一方、会計事務所のクライアントは、事務所の規模にもよりますが、中小企業が大半を占める場合が多いです。
業務も、クライアントの記帳代行、申告書の作成、資金繰りサポート、経営戦略策定のためのコンサルティングなど、監査業務とは全く性質が異なります。

このような事情を踏まえますと、ご実家の会計事務所を継がれるつもりでしたら、どこかで会計事務所で行う業務を実務を通じて学ぶのがおすすめです。
おすすめしたいのは、中小企業を中心としたコンサルティングを手掛けている税理士事務所・法人です。監査法人で働いてきたとのことですから、会計に関する知識は申し分ないでしょう。
税理士事務所・法人であれば、これまでのお仕事で手掛けていない税務会計や経理の知識を、クライアント対応を通じて学べます。
また、コンサルティングも手掛けていれば、将来会計事務所を継がれたときに必要となるクライアントとのコミュニケーションの取り方も身に着けられるのが大きなメリットです。会計事務所はクライアントの経理代行ができ、意思決定のサポートを的確に行えるかどうかで、評判が左右されるのも現実です。今まで監査法人で培った経験には自信を持ちつつ、「学ぶべきものはある」という気持ちで新しい経験を積んでみてください。

マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリング・職務経歴書の作成、面接対策もサポートしています。現在のご状況を伺った上であなたの今後のキャリアについてご支援しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

転職活動を進めるにしても、上記のような悩みを持っている
公認会計士・会計士試験合格者の方はたくさんいらっしゃいます。
マイナビ会計士はこのような転職への不安を抱えた会計士の方々に向けて転職のサポートを行なっています。

転職への不安をお持ちの方は些細なことでもご相談ください。
公認会計士専門のキャリアアドバイザーがあなたの不安を解消いたします。
簡単3分で完了無料転職サポートに登録する