マイナビ会計士

面接への不安

Big4監査法人を中心に就職活動をしています。「志望理由は監査法人ごとに変えた方がいい」というアドバイスをいただきました。各監査法人の違いとそれに合わせた志望理由の考え方を教えてください。

質問への回答

"一般に、Big4=四大監査法人という場合、次の4つを指します。
()内は加盟している国際的な監査法人のネットワークの名前です。

・新日本有限責任監査法人(アーンストアンドヤング):人員総数(一般の会社における社員、役員に相当)、クライアント数ともに日本最大級の監査法人です。
監査証明クライアント数は4,000社以上に上っています。
クライアント数も人員も最大のため、さまざまな業種の監査に携われるチャンスが多いのが特徴です。

・有限責任監査法人トーマツ(デロイトトゥシュトーマツ):四大監査法人の中で、唯一国際的なネットワークの中核となっている歴史のある監査法人です。
また、傘下に直轄のコンサルティング会社(デロイトトーマツコンサルティング)を有しており、公認会計士として経験を積んだ後にコンサルタントへのキャリアパスを図りたいという場合の選択肢が広くなっています。

・有限責任あずさ監査法人(KPMG):新日本、トーマツに比べるとやや小規模ですが、パブリックセクター、アカウンティングアドバイザリーなど、知見を有する公認会計士だからこそ提供できる専門サービスを幅広く知恵供しています。
監査業務のみならず、いろいろな業務を経験してみたい方におすすめです。また、女性の就労支援に力を入れており、保育施設の利用枠を用意するなど、さまざまな配慮がなされています。

・PWCあらた監査法人:金融庁の業務停止命令により解散した中央青山監査法人からPWCの日本におけるメンバーファームを引き継ぐ形で設立された、まだまだフレッシュな監査法人です。
ここまで出てきた3つの監査法人に比べると、少人数かつ外資色が濃いですが、アッ+D7トホームな環境で仕事をしたい方にはおすすめします。

なお、どの監査法人も社員教育には力を入れていますので、「仕事に必要な知識をブラッシュアップする機会がない」と悩むことはまれです。
まずは、ご自身が「これからの自分の仕事とプライベートにおいて、どうしたいのか」をしっかり考えてください。
そうすれば、おのずとどんな環境で働くのがいいのかが見えてくるはずです。
見えてきたものに基づいて、「自分だったらこの監査法人でどんな仕事ができるか」を考えてみれば、きっといい志望動機に仕上がるでしょう。

マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーが調べることが難しい業界情報・企業情報をお伝えすることができます。各監査法人毎の志望理由の考え方を、あなたの今後のキャリアを鑑みた上でご支援致します。まずはお気軽にご相談下さい。"

転職活動を進めるにしても、上記のような悩みを持っている
公認会計士・会計士試験合格者の方はたくさんいらっしゃいます。
マイナビ会計士はこのような転職への不安を抱えた会計士の方々に向けて転職のサポートを行なっています。

転職への不安をお持ちの方は些細なことでもご相談ください。
公認会計士専門のキャリアアドバイザーがあなたの不安を解消いたします。
簡単3分で完了無料転職サポートに登録する