マイナビ会計士

キャリアへの不安

公認会計士試験に合格できたので、監査法人への就職を考えています。そこで気になったのが、監査法人の規模です。超大手監査法人(Big4)、準大手監査法人、中小監査法人のどこにすればいいのか、まったく見当がつきません。自分自身のこれからのキャリアに役立つ選び方をしたいとは思っていますが、情報がなさ過ぎて困っています。そこで、監査法人の規模による特徴についてわかりやすく教えてください。ちなみに私は、将来的には税理士登録をして独立開業することを考えています。

質問への回答

「超大手監査法人(Big4)」の場合、主要なクライアントは大企業になり、監査業務に加えアドバイザリー(コンサルティング)業務も行います。傘下に税理士法人を持っている場合が多いので、希望すれば異動してキャリアを積めるチャンスがあるのも特徴です。さらに、人材育成プログラムが整っているので、未経験者でも仕事を覚えやすい環境にあります。ただし、雇用人数が多いため分業化されており、一通りの仕事を覚えるのに時間がかかるかもしれません。

これに対し、「準大手監査法人」「中小監査法人」の場合、アットホームな雰囲気で、早い段階からさまざまな業務を幅広く経験することができます。周囲の方に恵まれれば、あまりストレスを感じず長く仕事を続けられる可能性が高いでしょう。

傘下に税理士法人を持っていない監査法人の場合、税理士にキャリアチェンジするのであれば、かなり精力的に動かないと難しいです。最終的に税理士として独立することを目指しているなら、監査法人である程度経験を積み、税理士法人に転職することをおすすめします。

超大手監査法人の方が独立を見据えた転職に理解があると言われていますが、準大手監査法人、中小監査法人でも経営層の考え方次第では、十分に理解してもらえるところも多くなってきました。ご自身に合った環境を選んで、着実なキャリアアップを目指しましょう。

マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーがより詳細な情報・実態をお伝えできます。その他にも気になる業界情報がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

転職活動を進めるにしても、上記のような悩みを持っている
公認会計士・会計士試験合格者の方はたくさんいらっしゃいます。
マイナビ会計士はこのような転職への不安を抱えた会計士の方々に向けて転職のサポートを行なっています。

転職への不安をお持ちの方は些細なことでもご相談ください。
公認会計士専門のキャリアアドバイザーがあなたの不安を解消いたします。
簡単3分で完了無料転職サポートに登録する