マイナビ会計士

資格取得への不安 公認会計士試験合格者

監査法人の中には働きながら公認会計士試験の合格を目指せる採用制度があると聞きました。制度の内容やメリットを教えてください。

質問への回答

超大手監査法人をはじめ、準大手、中小の監査法人でも、いい人材を早めに確保するという意味で、短答式試験合格者の採用を行っています。短答式試験合格者採用は、原則として残業・出張なし、試験直前の3カ月(6~8月)には時短勤務・休暇の制度があるというのが一般的です。

主に、東京・大阪など大都市圏の監査法人で行っていますが、超大手監査法人の場合、地方事務所でも同様の制度を設けている場合があるので、まずは確認してみましょう。

会計事務所や税理士法人の中には、人手不足が深刻なところもあります。「短答式試験合格者採用」といっても、制度化されているわけではないので、短答式試験で合格した人もまだの人も、ある程度の知識が備わっていて、誠実で臨機応変な仕事ぶりをアピールできれば、その後、アルバイトや契約社員として採用されるケースも稀ではありません。

また、面接・入社時に、残業・出張や試験前の勤務形態などの希望を伝えれば、条件に合わせてくれることも多いようです。

マイナビ会計士では、会計業界専任のキャリアアドバイザーがキャリアカウンセリング・職務経歴書の作成、面接対策もサポートしています。現在のご状況を伺った上であなたの今後のキャリアについてご支援しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

転職活動を進めるにしても、上記のような悩みを持っている
公認会計士・会計士試験合格者の方はたくさんいらっしゃいます。
マイナビ会計士はこのような転職への不安を抱えた会計士の方々に向けて転職のサポートを行なっています。

転職への不安をお持ちの方は些細なことでもご相談ください。
公認会計士専門のキャリアアドバイザーがあなたの不安を解消いたします。
簡単3分で完了無料転職サポートに登録する